お家の庭で果樹を植える

果樹

たまに道路に面した庭の塀を超えて大きな木に瑞々しく実の付いているお家を見ることもあるんじゃないでしょうか。果物の木とかが植えられて実っているのをみて、おしゃれだと思うこともあるかと思います。ただ、いざ果樹の苗を買って育てようにも難しそうなイメージがあるかもしれません。
ここでは、自宅でも手軽に育てられる果樹を紹介していきます。
最初に紹介するのはブルーベリーです。最近育てている人も多く育てる上でとてもポピュラーな果樹です。そんなブルーベリーを育てる時に大切なことは、ブルーベリーは他の果樹と違い酸性の土壌を好むので、土を作る時にピートモスなどの肥料を混ぜて土を酸性寄りにすることです。もう一つ大切なことが、ブルーベリーは一本では実が出来ないので、同じ品種をもう一本一緒に育てましょう。
次はお勧めするのはスモモです。スモモは一本では実が出来にくい性質があるので、同じものをもう一本植えることをお勧めします。場所が狭くて難しいと言う方は、一本でも実りやすい品種を選ぶといいでしょう。もう一つ重要なことがあります。それは、スモモは受粉が上手くいくと沢山の実が付きます。それをそのままにしていると果樹そのものの負担になり大きくおいしい果実は実らないのです。なので、実が親指くらいの大きさになった時に上を向いているもの、傷があるもの、虫に食われてしまったものを摘み取ってしまいましょう。
最後にビワを紹介します。ビワはあまり手を掛けかけても育つので、少し家を空けてしまうようなことがあっても大丈夫な果樹です。
今まで読んでいて思い悩んでしまうようでしたら、ミニドライフルーツのように鉢植えで栽培できる果樹を探してみてもいいかもしれませんね。